おなかのはらぺこ日記

好きなものは別腹。

アイドルソングつまみぐい【2018年春】

2018年に入って、初めてのブログ更新です。

色々書きたいことはあったんですが、忙しくてバタバタしていたり、単純に長文を書く気力がなかったりで、書けずにいました…気が向いて、覗いてくれた方がいたら、嬉しいです。

 

まぁ、2018年、とにかく初っ端から、アイドル界隈は色々ありましたね…

正直、アイドル界隈、1月から色んなことがありすぎて、自分でもびっくりするぐらい、それでちょっとヘコんでいて、色々手に付かなかったというのも、ブログ更新が滞っていた理由の一つにあります…

 

あるアイドルはグループから独り立ちして、新しい道に進み、あるグループはファンに惜しまれながら解散していった。遠くから、アイドルを見ている我々は、何度もそういう経験をしてきたはずなのに、そういうことが起きるたびに、アイドルには「絶対」も「永遠」もないことを、初めて味わった感情みたいに、毎回痛いほど思い知らされる。

好きなアイドルたちには、みんな幸せになってほしいと思うけど、「アイドルであり続けること」は、そんなアイドルたちの「アイドルとしてではない人生」を、少しずつ削り取ってしまっているのかも知れないし、「アイドルであり続けること」を望むことは、ファンのエゴなのかも知れない、と思った。

遠くから見ている我々は、アイドルたちが「アイドルとしてではない人生」を犠牲にしながら積み上げている「アイドルとしての人生」を、楽しませてもらっているのだと、改めて実感した。

 

でも、「いつか終わること」を考えながら、アイドルを応援することは、ものすごく悲しくて、虚しいことだと思う。いつだって、頭の片隅に「いつか終わること」はチラついているかも知れないし、アイドルが持つ「永遠ではないもの」に美しさみたいなものを見出してしまっている部分も、たしかにある。

だけど、アイドルを見ているときは、そんなことを考えずに、単純に「楽しい!」とだけ思っていたい。実際に、アイドルのアレコレに、たくさん悲しくなったり、寂しくなったりする一方で、アイドルにたくさん楽しませてもらっているのも、また事実で。

「ずっとアイドルでいてほしい」と、簡単には言えないけれど、今、ステージで歌い踊っているアイドルたちには、今いる場所で、とにかく笑っていてほしいし、幸せであってほしいと、遠くから願わずにはいられない。あわよくば、その幸せな瞬間を見たり、聞いたりしながら、こちらも幸せだと感じられたらいいな、と思う。

 

そんなわけで、最近聴きながら、元気や幸せをもらっているアイドルソングから、特に好きな30曲を選んでみました。一応ほとんどの曲は、2018年にリリースされた曲です。

アイドルか否か、アイドルソングか否かは、完全に個人的な価値観によるものなので、悪しからず。

 

 

【1】STU48「暗闇」

作詞:秋元康

作曲・編曲:aokado

年に数回、秋元康が書くめちゃくちゃ良い詞のうちの一つ。

 

【2】私立恵比寿中学「響」

作詞:後藤まりこ

作曲:AxSxENATSUMEN

編曲:野村陽一郎二千花

私立恵比寿中学が、6人体制となって初めての新曲。

 

【3】アイドルネッサンス「changes」

作詞・作曲:小出祐介

編曲:Base Ball Bear

2月に解散したアイドルネッサンスが、ラストライブで歌ったBase Ball Bearのカバー曲。

 

【4】伊藤万理華「はじまりか、」

音楽:Ongakushitsu Inc.

グループを卒業するとき、「この子を好きになって良かった!」と、心の底から、ファンに思わせられるアイドルは、本当にすごい。

 

【5】乃木坂46シンクロニシティ

作詞:秋元康

作曲・編曲:シライシ紗トリ

シンプルに、ダンスという表現だけを収めたMVが、めちゃくちゃ良い。今一番勢いのあるアイドルが、これをやる意味。

 

【6】ももいろクローバーZ「笑一笑 〜シャオイーシャオ!〜」

作詞:只野菜摘

作曲・編曲:invisible manners

4人体制となったももクロにとって、初めての新曲。随所で鳴っているピアノが最高。

 

【7】つばきファクトリー「春恋歌」

作詞:大森祥子

作曲:鈴木秋則

編曲:鈴木俊介

昭和の歌謡曲にも目配せがされている、秀逸なアレンジ。

 

【8】Love Cocchi「青春シンフォニー」

作詞・作曲:つんく♂

編曲:平田祥一郎

つんく♂節がバリバリに効いた歌詞。

 

【9】Nao☆(Negicco)「菜の花」

作詞:Nao☆

作曲・編曲:北川勝利(ROUND TABLE)

声色とメロディーが、めちゃくちゃハマっている。

 

【10】北原里英(NGT48)「私のために」

作詞:秋元康

作曲:田中明仁

編曲:立山秋航

これまでの48グループの卒業ソングとは、少し毛色が違っているのが、きたりえらしい。

 

【11】坂道AKB「国境のない時代」

作詞:秋元康

作曲・編曲:Yo-Hey

48グループ、乃木坂46欅坂46、それぞれの「グループらしさ」が反映された、TAKAHIRO先生の振付が良い。

 

【12】乃木坂46 1期生「Against」

作詞:秋元康

作曲・編曲:古川貴浩

生駒ちゃんが、乃木坂46で最後にやりたかったこと全部を詰め込んだようなMVに、ものすごい熱量を感じる。

 

【13】二丁目の魁カミングアウト「シンポジウムリフレイン」

作詞:ミキティー本物

作曲・編曲:RYO-P

去っていったアイドルたちを思って作った曲とのこと。

 

【14】天野アイ(西野七瀬)「ふめつのこころ」

作詞・作曲・編曲:tofubeats

初めて聴いたときに「これは事件だ!」と思った。

 

【15】尾関梨香・小池美波・長濱ねる(欅坂46)「バスルームトラベル」

作詞:秋元康

作曲・編曲:ふるっぺ(ケラケラ)

欅坂46カップリング曲の幅広さは、グループの更なる可能性を感じさせる。

 

【16】TWICE「What is Love?」

作詞・作曲:J.Y. Park "The Asiansoul"

編曲:Lee Woo-min "collapsedone"

楽曲から、MVから、何から何まで、レベルの高い「アイドル」を見せつけられたようだった。

 

【17】Juice=Juice「Vivid Midnight」

作詞:児玉雨子

作曲:SEION・Tasco・Tenzo

編曲:Tasco・Tenzo

最近のK-POPの流れを、丁寧かつ大胆に、日本のアイドルファンクに落とし込んでいて、すごく好き。

 

【18】たこやきレインボー「Whoop It Up!」

Whoop It Up!

Whoop It Up!

作詞・作曲:前山田健一吉野晃一

編曲:ワイルドアニマルズ

「強くて可愛い女の子たち」の歌。

 

【19】Da-iCE「TOKYO MERRY GO ROUND」

作詞・作曲:コモリタミノル

編曲:鈴木雅也山本拓夫

1990年代後半から2000年代前半あたりのSMAPっぽくて好き。

 

【20】M!LK「妄想ドン・キホーテ

妄想ドン・キホーテ

妄想ドン・キホーテ

  • M!LK
  • J-Pop
  • ¥250

作詞:ma-saya

作曲・編曲:Kon-K

アイドルファンの8割ぐらいは、この曲好きだろって感じ。

 

【21】さくらしめじ「朝が来る前に」

朝が来る前に

朝が来る前に

作詞・作曲:キタニタツヤ

編曲:島崎貴光

男子高校生二人が、アコースティックギターを弾きながら、この曲を歌うの、最高。

 

【22】Sexy Zone「名脇役」

XYZ=repainting(通常盤)

XYZ=repainting(通常盤)

 

作詞・作曲:竹縄航太(HOWL BE QUIET)

編曲:竹縄航太(HOWL BE QUIET)・sugarbeans

コーラスアレンジ:竹内浩明

Sexy Zoneも、こういう歌が歌えるようになったんだな、と感慨深い。

 

【23】SUPER★DRAGON「SOUL FLAG」

作詞・作曲・編曲:Yocke

SUPER★DRAGONの歌の上手さを実感できる一曲。

 

【24】lol「ice  cream」

作詞:teeda

作曲・編曲:Willem van Hanegem・Ward van der Harst・back-on・macaroni & cheese

男女混合グループという特性が活かされた一曲。男女混合のグループって、少ないので頑張ってほしい。

 

【25】SingTuyo「KISS is my life.」

作詞:ぼくのりりっくのぼうよみ

作曲・編曲:ぼくのりりっくのぼうよみ・ケンカイヨシ

ソングライティング面で、ある種の大衆性みたいなものを手にし始めた、ぼくのりりっくのぼうよみが、今しんつよとタッグを組んだ意味は大きい。

 

【26】BTS(防弾少年団)「Don't Leave Me」

作詞・作曲・編曲:UTA・HIRO・Sunny Boy・Pdogg

日本のドラマ主題歌で、この曲をぶっこんでくるの、強い。

 

【27】w-inds「Dirty Talk

作詞・作曲・編曲:Keita Tachibana

橘慶太の天才っぷりを感じる。

 

【28】超特急「Party Maker」

作詞:IE-MON

作曲・編曲:MUSOH・IE-MON・DX ISHII

最初から最後まで、1ミリも意味が分からないけど、そこが良い。ぶっ飛んだダンスを、キレッキレでカッコよく踊っているのも良い。

 

【29】MAGIC BOYZ「O.NE.DA.RI」

作詞:SUSHIBOYS

作曲・編曲:SUSHIBOYS・タイプライター

個人的には、現時点で、2018年のアイドルソングの年間ベスト級。「おねだり これは新手の武器/核ロケットより peaceで強い武器」という歌詞が、本当に最高。

 

【30】新しい地図「雨上がりのステップ」

作詞:麻生哲朗

作曲・編曲:菅野よう子

製作陣だけではなく、曲そのものからも「SMAP」を感じる。彼らの中では、色々なものが地続きにあるんだな、と思った。

 

 

今回選んだ楽曲は、選曲はもちろん、曲順も色々考えながら組んだので、そこも曲と一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。

今年は、こんな感じで、たまに好きなアイドルソングをまとめたブログを書けたらいいな、と思っています。

良かったら、次も覗いてみてください。

 

 

では、最後に、おまけの一曲として、こちらを。

 

Perfume「無限未来」

作詞・作曲・編曲:中田ヤスタカ(CAPSULE)

Perfumeの3人が、これまでも、これからも、「Perfume」であり続けていてくれるのは、本当に奇跡のようなことだな、と改めて思ったり。

加速してくStory (Maybe so Maybe so Maybe)
醒めない夢に (Maybe so Maybe so Maybe)
さよなら今夜Starry (Maybe so Maybe so Maybe)
ほら飛ぶよ Are you ready?